採掘(マイニング)

■マイニングは新しい仮想通貨を手に入れること

ビットコインを新規に発行することを、採掘(マイニング)といいます。一見何もないところから価値のあるものを探し当てるというところが金やダイヤモンドの採掘と似ているため、こう呼ばれています。採掘をする人は、採掘者(マイナー)です。

マイニングは、ビットコインには無くてはならない仕組みです。マイナーは、採掘と同時に第三者の送金取引の承認を行っているからです。

仮想通貨は、発行管理する特定の主体がありません。偽札造りを防止する政府や通帳管理する銀行がいないので、二重支払いや取引改ざんの危険があります。これを解決したのが、第三者であるマイナーによる承認という仕組みです。

ビットコインの実態はブロックチェーンと呼ばれる取引履歴です。一連の取引に整合性があり、改ざんが行われていないこと、本当の所有者になりすまして取引されたものでないこと、つまり正しい取引であることは、ある計算課題を解くことで証明できます。この課題を一番最初に解いた人が、ブロックチェーンに新しい取引履歴(ブロック)を記入します。これが取引を承認するということです。この人は、報酬として新規に発行されたビットコインを受け取ることができるのです。

■どうすればマイニングに参加できるのか?

パソコンがあれば、マイニングに参加してみることはできます。必要なソフトは無料でインストールできます。公式のソフトだと大変な容量で、インストールだけで数日かかることもあります。システムを動かし始めれば、あとは機械が課題を解いてくれるので、特にやることはありません。

現実的には、余ったパソコンだけでマイニングに成功するのは非常に困難です。コンピューターの性能が高ければ高いほど有利です。現在では、専用の機械も売り出されています。数万円から数百万円のものがあり、実際にマイニングに成功している人は百万円以上のものを使っているのがほとんどです。有名なものはASIC、FPGAなどがあります。

興味本位と運試しでやってみるなら、古いパソコンを使ってやってみるのもいいですが、ランニングコストとして電気代も考慮したほうがいいでしょう。マイニングをするには、常にコンピューターを動かしている必要があるので、昔の型式だと電気代だけで数万円かかることもあります。

■マイニングは集団で行うのが基本

高価な専用設備を買わなくても、仲間と協力することでもマイニングができます。専用機械を買ったとしても、個人で採算を得るのは困難であり、現在は集団で行うのが主流です。マイニングをする集団をマイニングプールといいます。

参加するためには、各マイニングプールのサイトで登録、必要なソフトをインストールして動かします。基本的に稼働し始めれば、特に何もやることはありません。

ビットコイン以外の仮想通貨、アルトコインでもマイニングは盛んに行われています。マイニングは、初期投資とランニングコストが必要な投資の一つだと考えることができます。数百種類あるアルトコインの中から投資先を探すのも、面白いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする